私たちが、日々の生活をしていると、
人の優しさを感じることって多々あります。

辛いことがあった時に、友人に愚痴を聞いてもらい、
励ましてもらったときや、誕生日をサプライズで
祝ってもらったときなどは、本当に、人と支えあって
生きているんだなって実感しますよね。

あと、車の運転している時に、道を譲ってもらった時や
ビルなどのドアを手で持って、入るのを待ってて
くれたりするだけでも、嬉しいものです。

周りの人のことを考えない「親切」は自己満足でしょう

◆プロモートリンク


ただ、一方で、良かれと思って、やったことが、
実は人に迷惑をかけていることもあります。

今回は、ネット上で話題になっていることを
紹介したいと思います。


公共のトイレに長い行列ができていた。そこに泣きそうな女児を連れた母親がやってきて絶望的な顔をしたため列の先頭に居た自分が譲ったところ、「後ろの人のことも考えろ!」と怒られた。

そんなツイートがネット上で賛否両論の大議論になっている。


トイレを譲った人に対し「かっこいい!」「こんな大人でありたい!」という大絶賛のなか、「勝手に割り込ませるのはどうなのか?」「大人だって漏れそうなピンチはある」といった反発が起きている。

■「優しさの連鎖。素敵ですね」「かっこよすぎますよ!」


 話題のツイートは2017年11月30日に投稿されたもので、あらましはこんな具合だ。
公共のトイレに長い行列ができ、自分が先頭に居た時に泣きそうな女児を連れた母親がやってきて絶望的な課顔をしたため「お先にどうぞ」と譲ってあげたところ、後ろ3番目くらいに並んでいた女性から、

 「勝手に譲るな、後ろの人のことも考えろ」

と怒られた。
それで自分はそこを離れ列の一番後ろに並び直すことにした。
怒った女性の順番は変わらない、と考えたためだ。
すると、自分の後ろにいた2人も並び直したため怒った女性が列の先頭になり、ブツブツ言いながらトイレの個室に入って行った。自分も子連れの時に譲ってもらったことがあるし、子供の頃に間に合わずにお漏らしをして母親を困らせたことがある。
もちろん大人でも切羽詰った状態の時もあり、自分の言動で怒った女性に恥をかかせてしまったのかもしれないが、

 「自分が逆の立場だったら、って常に考えてると損することも多いけど、思いやりをもって生きてる方が自分が気持ちいいですよね」と結んだ。


どうやら、
トイレの行列で泣きそうな子供に
「お先にどうぞ」と譲った結果、
後ろの人から怒られたという内容です。

そして、この内容には賛否両論の
嵐が巻き起こっております。

まあ、善意とは、必ずしも本人同士はともかく、
周りの人に良い結果をもたらすとは限らないですからね。

私も、お腹が弱い方なので、
私は、後ろで並んでいる人が怒っている方に
共感してしまいましたね。

トイレがやばい状態で、
前に割り込まれているのと同じ状況ですからね。
そりゃ怒りますよ。

まあ、この譲った人は、
後ろに並び直したらしいですが、
怒られたから、並びなおすんじゃなくて、
最初から並び直せよって思います。

前に割り込ませるというのは、
善意という名の自己満足に過ぎませんからね。

人に、迷惑かかることも考えろよって思います。

ネットでは、子供だから仕方がない
という意見もありますが、子供、大人とか関係ないです。

そもそも、大惨事が起きたとき、
大人の方が被害が大きくなるわけでしょ。

もうちょっと考えて行動しろよって思いますね。

◆セミリタイアするためのノウハウがたっぷり詰まってます↓
にほんブログ村 セミリタイア生活

◆プロモートリンク